スリムになるダイエット食品は正当性はどうなの?

飲むだけでスリムになると掲げるダイエット関係の食品は、変わらず売られていることが確認されていますが、正当性が怪しいものが存在しています。
記憶に残っているところでは2006年(平成18年)、とあるテレビ番組が「白いんげん豆ダイエット」を取り上げたところ、それを実際に行った人々が下痢やおう吐をはじめとする症状に襲われるという事例が起き、158人の患者を出しました。

これがきっかけとなり、他の局のバラエテイ番組で取り扱われたダイエット法でも、データ操作が次々に表沙汰に。
政府からの警告を受けて、テレビ局の代表取締役が辞任するといった状況にまで進展しています。

例えば書店の健康ジャンルの場所には、多様な引き込まれるような題のダイエット本が所狭しと扱われています。
うたい文句も「たったの30日でマイナス10キロ!」などどれも豪華です。

メディアがダイエット食材を話題にあげようものなら、明日には、日本各地のスーパーなどの売り場からすべてなくなってしまうなど、数多くの人がメディアのダイエットのニュースに反応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です