洋上のビジネスホテル

船旅が好きです。もっとももっぱら国内のフェリーがメインですけれども。

退屈じゃないですか、とよく聞かれますが、最近のフェリーはとても豪華な内装な船が多いですよ。レストランも充実して来ました。ただし、高めの料金設定のままのようですが。船旅の基本はゆったりとしていることです。夕方に乗船して、翌朝には下船という慌ただしさでも他の交通機関には無い良さが沢山ありますしね。雑魚寝の2等でも早目に場所を確保しておけば、船内のあちらこちらを見て回れます。座席の確保が大変な鉄道や、早いだけが取り柄の窮屈な飛行機ではこんな体験は出来ませんね。サウナ付きの浴場も、洋上の豪華ホテルとまではいかなくても民宿以上、まあビジネスホテルということにはなるでしょう。私達家族は追加料金を払って、個人用の寝台を利用することが多いです。私自身は利用したことがないので簡単には比較できないでしょうけれども、かつての夜行列車(殆どが廃止済み)の寝台よりも利用しやすいと思いました。揺れることもありますが、慣れるとかえって心地が良いくらいです。海の上だと実感し、納得することである程度船酔いは防ぐことが出来ます(我流ですが)。それなりに豪華な造りのラウンジでゆっくりとテレビを見るのも疲れを解すには良い方法でしょう。さあ、眠くなったら寝室へ戻りましょう。

http://www.luxurynaturally.com/

ナイトキャップのウイスキーが胃の腑の流れ込むと快眠に導いてくれます。翌朝は乗船時とは違ってやや慌ただしいですね。ゆっくりとテレビを見ている人は少ないですが、上陸地にはや心寄せている人の方が多いのでしょうか。窓の外に目的地の陸地が見えてきました。楽しかった船旅ももうそろそろ終わりだということです。荷物のチェックをして下船するとしますか。豪華ホテルの方はまだまだ先ということになりそうです。
 毎朝夫がコーヒーを飲みます。コーヒーを淹れるついでに自分の分も作り飲めば手軽なので毎朝飲んでいましたが、それをやめ自分の為に紅茶を作り飲むようにしました。少々の手間ですが、朝食分と共に会社に水筒で持っていく分の紅茶も多めに作っています。やっぱり私はコーヒーより紅茶が好きだと実感しています。何種類かの紅茶葉をその日の気分に合わせ選び、飲むたびに良い香りに癒されています。会社の仕事の合間には、温かく美味しい紅茶が飲めて本当に一息つけます。最近は特に紅茶にハマっていて会社から帰宅し夕食の準備をする前に美味しい紅茶を作り飲んでいます。紅茶を飲むようになり都度癒されるため、気持ちが穏やかになりました。紅茶のある生活はとても良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です