遂に春の到来

家の近くには桜の花見が出来る山があります。

そこに提灯が飾られました。
いよいよ春を感じます。
この提灯は花見の季節にしか飾られません。
まだ蕾は硬いですが、この陽気ならばすぐに満開になるでしょう。
また、近所の空き地につくしを見つけました。
ハナニラやスミレなども咲き始めています。
日当たりが良いところではツツジも咲いていました。
ツツジは桜の後と思っていたので驚きました。
場所によってはそれだけ暖かい様です。
庭も段々と緑が増え、犬が雑草をクッションにして寝ています。

http://xn--nckd4ar0a6cxg5ewa7d.xyz/

今までの寒さで縮こまっている寝姿では無く、前足後ろ足を伸ばしてとても気持ちが良さそうです。
よくよく考えてみると、「10000円」と書かれた、ただの紙切れに、10000円の価値があるのは不思議ですね。この理由を知っておくと、お金の本来の意味を理解することができるので、ぜひ周りの方やお子さんにも、教えてあげて下さい。まず、お金とは、「価値を数値化」したものです。世の中には、価値のあるものがたくさんあります。たとえば、家や車といった「物」以外にも、「時間」、「労働力」、「技術」、「情報」などにも価値があります。お金は、「価値を数値化したもの」であるため、このような、世の中にある「価値のあるもの」と、お金を、交換することができます。人は、生活していくためには、「物」が必要になりますよね? たとえば、「食べ物」や「着る物」、住むための家も、「物」になります。 人が生活していくためには、このような「物」が、必ず必要になります。ただ、このような「物」同士を、物々交換で交換をすることは、大変だし、難しいです。たとえば、リンゴとTシャツを交換するためには、「リンゴはいくつ必要なのか」とか、「それではTシャツと自転車を交換するためには、Tシャツは何枚必要なのか」というような形で悩んでしまいます。物と物を交換するということは、持ち運びも大変だし、交換がしづらい(分かりづらい)というデメリットがあるということです。そこで、登場した便利なものが、「お金」です。物と物を、物々交換で交換するのではなく、100円のリンゴが必要な場合は、100円というお金と交換すれば良いですし、1000円のTシャツが欲しい場合は、1000円というお金と交換することで、Tシャツを手に入れることができます。物と物は、直接交換しづらいですけど、価値を数値化したものである「お金」を使うことで、 物をスムーズに手に入れることができるようになる、ということです。だから、人が生活していく上で、こんなに便利な「お金」は欠かせないものになっています。お金の優れているところは、たとえば、まず、「物をスムーズに手に入れることができること」というのは、たとえば、1000円の価値があるTシャツが必要な場合は、1000円を支払えば手に入れることができますし、1万円の価値がある自転車が必要な場合は、1万円を支払えば、すぐに手に入れることができます。物と物を物々交換するとなると、交換しづらいのですが、お金があれば、 物をスムーズに手に入れることができるようになります。そして、「保存することができること」というのは、たとえば、魚とか野菜は、長期間、保存しておくことができないのですが、「お金」であれば、保存しておくことができて、必要なときに使うことができます。そして、「持ち運ぶことができること」というのは、たとえば、お米だと、大量に持ち歩くことは難しいです(筋トレにはなります)。しかし、「お金」であれば、財布やポケットなどに入れて、簡単に持ち運ぶことができます。さらに、「細かく分けることができること」というのは、 たとえば、車や家などを、細かく分けることはできないです。一方、お金であれば、細かく分けることができて、たとえば、598円などでも払うことができます。このように、物と物を交換するとなると、交換しづらかったり、保存できなかったり、 持ち運ぶことができなかったり、細かく分けることができないなどの問題がありますけど、 「お金」を使うことで、これらの問題をすべて解決することができます。だから、「お金はとても優れているもの」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です